お見合いのメリットとデメリット

正式なお見合い

正式なお見合いは、ちゃんとした写真が必要です。具体的には全身写真と上半身がアップされた写真で、その多くは写真館で撮られ、大きく引き伸ばされます。釣書はプロフィールだけでなく、家系図もしくは親族図が必要な場合もあります。手書きのものが好まれ、プリントアウトしたものはマナー違反だとみなされます。これらを仲介(世話人)に渡すのですから、見合いをする人の個人情報だけでなく家族全体の情報が流失する恐れがあり、大変面倒です。この面倒というのが正式なお見合いの最大のデメリットといえるでしょう。ですが正式なお見合いのメリットもここにあります。

基本的に正式なお見合いを行うとき世話人になる人は、まったく知らない人ではありません。親戚であったり親の知人であったりと、個人情報をある程度知っている人です。その人を介し、知っている人同士を引き合わせることが多いのです。また逆にいうと、仲介人はお互いの個人情報をある程度知っているのですから、詐欺などの心配はありません。仲介人もただ独身同士を引き合わせるだけでなく、お互いの人(家)などを知っているのですから、その後のトラブルは少ないのです。正式なお見合いは手順や準備などが面倒ですが、その分安心できるのです。